天体の『逆行』について

この記事では、天体の『逆行』について、天文学的な説明と、西洋占星術における意味についてお伝えします。

スポンサーリンク

惑星の『逆行』とは

天文学的な理解

惑星の逆行は、実際に逆行しているわけではなく、地球から見ると逆行しているように見える、ということです。

通常、惑星は太陽と同じように西から東へ動きます。これを天文学では「順行運動」と言います。

惑星が東から登って西へ沈むように見えるのは、地球が自転しているからです。ここは間違いやすいところですね。

惑星は、一定期間、東から西に動くように見えることがあります。これを「逆行運動」(英語:apparent retrograde motion)と言います。

逆行の理由

逆行運動は、惑星の軌道速度の違いによって引き起こされる目の錯覚です。

高速道路で追い越しをした時のことをイメージしてみてください。追い越された車は、後ろに下がっているように見えますよね。

これが「逆行運動」の正体です。

太陽と月以外は逆行する

逆行運動は、地球から見た場合の目の錯覚です。

太陽系の惑星は太陽を中心に回っていますので、地球から見て太陽は逆行しません。

また、月も地球の周りを回っているので、逆行はしません。

西洋占星術で考えると、基本10天体のうち、8天体が逆行するということになります。

逆行のナゾを解いたのはコペルニクス

古代の天文学者は、地球を中心に天の星が回っていると考えていました。天動説です。そのため、惑星の逆行が理解できず、大きな謎とされてきました。

16世紀初頭に、初めてコペルニクスが地動説を唱えたことにより、ようやく天文学者や科学者たちは、逆行運動が目の錯覚・幻想であることを理解することができたのです。

「ステーション」「留」について

逆行を開始する前後は、天体の動きが遅くなり、ほぼ止まったような状態になります。

この、逆行前後の天体がほぼ動かない状態を「ステーション」「留」と言います。

天体によっては、逆行期間中より、この「ステーション」「留」の方が影響が大きい場合もあります。

西洋占星術での『逆行』の意味・影響

西洋占星術では、天体が逆行する期間は、「過去」に焦点が当たります。

また、逆行しているわけですから、前に進もうとしてもスムーズにはいきません。

逆行の基本的な意味としては

・振り返り・やり直し

・復習・再点検

・再会・復縁

・再浮上・再認識・復活

・遅延・延期・中止

ということになります。

それと、逆行している天体のエネルギーは、ストレートに現れず、屈折した形で現れることもあります。

ネイタルチャート(出生図)で天体が逆行している場合

ネイタルチャートにおける逆行天体の数は、「社会適応能力」を表すと言われています。

逆行天体がゼロの人は、社会適応能力に非常に優れていて、スムーズな人生を送る可能性が高いと考えられます。

逆行天体が2〜3つの人が、統計的には一番多いようですので、社会適応能力は「普通」と考えられるでしょう。

逆行天体が4つ以上の人は、多ければ多いほど社会適応能力は低くなると考えられます。しかしその一方で、個性が輝いている・特別な能力を持っている、とも考えられます。

また、ネイタルチャートで天体が逆行している場合、その天体が逆行している期間は、逆に良い影響がある、という話もあります。

逆行の頻度

逆行する8天体のうち、金星と火星の逆行は、あまりありません。

それ以外の天体の逆行は、実は珍しいことではありません。

特に木星・土星・天王星・海王星・冥王星の逆行期間は長く、数ヶ月にも及びます。

ですので、なんらかの天体が逆行している状態が通常で、むしろ全ての天体が順行している期間は、とても特別な期間なのです。

全ての天体が順行していることを「10天体順行期間」と言います。

「10天体順行期間」は、全ての天体が前を向いて進んでいるわけですから、物事がスムーズに進みやすい、願いが叶いやすい、と考えられています。

天体の逆行頻度

水星:4ヶ月ごとに22日程度

金星:1年半ごとに40日程度

火星:2年2ヶ月ごとに60日程度

木星:1年ごとに110日程度

土星:1年ごとに135日程度

天王星:1年ごとに150日程度

海王星:1年ごとに160日程度

冥王星:1年ごとに160日程度

天体ごとの逆行の意味・影響

逆行の影響は、天体によって影響を与える対象や範囲が異なります。

個人天体である「水星」「金星」「火星」の逆行では、個人が日常生活の中で強く影響を感じやすいです。もちろん社会全体にも影響を与えます。

「木星」「土星」は社会天体なので、社会全体の雰囲気、世論、政治的な動きなどに主に影響が出てきます。

「天王星」「海王星」「冥王星」は世代天体と言われ、地球全体に人類の力ではあらがえないレベルの影響をもたらします。

逆に言うと、個人に対して急激な変化をもたらすわけではなく、「時代の流れ」とも受け取れるような、個人が気にしても意味がないレベルの変化ということになります。

天体ごとの解説

こちらは順次更新します♪お楽しみに!

以上になります。
ありがとうございました❤︎

スポンサーリンク