12サイン(星座)の区分について

スポンサーリンク

12サインの区分について

西洋占星術では、星座のことを「サイン」と言います。

12のサインは、それぞれ特徴的な性質を持っていて、天体のエネルギーと組み合わさって、さまざまな性格を表します。

サインはグループ分けすることができ、そのグループの性質・特徴を理解することで、それぞれのサインの意味がわかりやすくなりますよ!

区分の種類

12サインは「2区分」「3区分」「4区分」に分けることができます。

区分 特徴
2区分 男性星座(男性宮):能動タイプ

女性星座(女性宮):受動タイプ

3区分 活動宮:スタートを切るのが得意

不動宮(固定宮):定着・維持が得意

柔軟宮:変化に柔軟に対応

4区分 火:向上心・冒険心・野心

地:現実的・管理が得意・努力家

風:自由・社交家・論理的

水:感受性・共感力・芸術家

2区分(ポラリティ:polarity)

ポラリティ(polarity)は「極性」という意味で、光と闇、プラスとマイナスのように、対極にいるものの組み合わせということです。

2区分では、サインを男性星座(男性宮)と女性星座(女性宮)に分ける考え方になります。

ここでいう男性・女性というのは、性別としての分類ではなく、その人の意識や関心の向かい方、行動の起こし方の傾向などを表します。

2区分は、牡羊座が男性星座、次の牡牛座は女性星座というように、交互に分類されます。

男性星座

牡羊座・双子座・獅子座・天秤座・射手座・水瓶座
能動タイプ:外へ向けて自己表現をしようとし、積極的で行動的

女性星座

牡牛座・蟹座・乙女座・蠍座・山羊座・魚座
受容タイプ:内面的な感情や周囲との協調を大切にし、受け身な対応をする

このように、男性星座と女性星座は正反対(対極的)な特徴を持っています。

3区分(クオリティ:quality)

クオリティ(quality)は「質」です。サインの気質の違いで分ける方法になります。

3区分は季節の流れに沿ってイメージすると、よりわかりやすくなります。

活動宮

牡羊座・蟹座・天秤座・山羊座
季節のスタートのサイン
新しくスタートすることや、自分から積極的に働きかけることが得意

不動宮(固定宮)

牡牛座・獅子座・蠍座・水瓶座
季節のピークにあたるサイン
スタートの時期にはじめた物事を落ち着かせ、維持することが得意

柔軟宮

双子座・乙女座・射手座・魚座
次の季節に移り変わる時期のサイン
周囲の変化にも柔軟で、スムーズに対応することが得意

4区分(エレメント:element)

エレメント(element)は、いわゆる火・風・地・水という四元素のことです。

古代ギリシアの時代は、この世界は火・風・地・水の4つの元素で構成されていると考えられていました。

火のエレメント

牡羊座・獅子座・射手座
向上心が強く、冒険心や野心を持つ情熱家

地のエレメント

牡牛座・乙女座・山羊座
現実的で管理能力に優れ、真面目な努力家

風のエレメント

双子座・天秤座・水瓶座
人とのコミュニケーションが得意な社交家

水のエレメント

蟹座・蠍座・魚座
感受性豊かで、周囲への高い共感力を持つ芸術家

区分の全体像

12サインの意味がイメージしやすくなったのではないでしょうか。
少しずつサインの理解を深めていきましょう♪

スポンサーリンク