10惑星(天体)について

スポンサーリンク

10惑星について

占星術では10の惑星を扱います。

10の惑星とは、太陽・月・水星・金星・火星・木星・土星・天王星・海王星・冥王星のことです。

最近では、もっと多くの惑星を用いて星読みをする占星術家も多く出てきましたが、あくまでも基本となるのは10の惑星です。

天文学的には、惑星には分類されない星もありますが、占星術ではこの10の星を「惑星」と言っています。

惑星の働き

惑星の働きは、動詞にあたります。

惑星が持つエネルギーが、自分の中に宿り、感情や反応に影響します。

惑星の意味に「良い・悪い」はありません。惑星のエネルギーが良い形で出ることもあれば、悪い形で出てしまうこともあります。

惑星のエネルギーを理解し、使いこなすことが、宇宙のエネルギーを味方につけるということなのです。

惑星は古代から神々と考えられてきました。その神々が、人間や地球に様々な影響を与えると考えられ、神々の声を聞くために占星術は考え出されたのです。

惑星を表す言葉

ライツ

太陽と月のこと。このふたつの星は、西洋占星術では非常に重要視されています。

個人惑星

太陽・月・水星・金星・火星

個人の感情・能力に大きく影響します。

社会惑星

木星・土星

社会全体に大きな影響を与えます。

世代天体

土星・天王星・海王星・冥王星

ひとつのサインを数年間かけて通過することで、○○世代・○○時代と言われるような大きな社会的傾向をつくります。

トランスサタニアン

天王星・海王星・冥王星

土星より遠い星のこと。人間が抗えないような大きな影響を、地球規模で与えます。

惑星の支配星とキーワード

惑星 支配星座 特性
太陽 獅子座 意志的・意識的な欲求、バイタリティー、存在しようとする欲求
蟹座 反応と感情、安定感・安心感を得たいという欲求、情緒
水星 双子座
乙女座
知的能力、言語能力、知性や言葉を通じて自己を表現したいという欲求
金星 牡牛座
天秤座
愛と調和、内なるイメージ、愛されたいという欲求
火星 牡羊座 行動への意思、セックス、勝利への欲求
木星 射手座 拡大と保護、自分より高次なもの、大きなものに接近したいという欲求
土星 山羊座 努力と責任、制限、自己を秩序あるものに留めたいという欲求
天王星 水瓶座 個人主義的な自由、他人とは異なる存在になりたいという欲求
海王星 魚座 陶酔と曖昧、自我から自由になりたい・解放されていという欲求
冥王星 蠍座 変容、消滅、全く新たな存在になりたいという欲求

惑星の意味

これから追加していきますので、お楽しみに♪

スポンサーリンク