2021年6月10日【双子座新月+金環日食】生活習慣や収入源を見直しつつ、パートナーを見つける時

こんにちは♪マリーです❤︎

今回は双子座新月の星読みです

今回の新月は金環日食も起こります
前回に続き重要な新月になります

スポンサーリンク

ホロスコープ

2021年6月10日19:53
双子座で新月がおこります

気になるポイント

・金環日食

・新月に水星(逆行中)が0°+海王星が90°+土星(逆行中)が120°

・ASC山羊座→MC天秤座の流れ

・金星と天王星が60°

星読み

金環日食

今回の新月は金環日食の新月です。

日食・月食は、新月・満月のパワフルバージョン♪少なくとも、次の日食までは影響があります。

日本では見えないので、ダイレクトに影響を受けるわけではないですが、それでも重要な新月には変わりありません。

日食ですから、新月のすぐそばに、ドラゴンヘッドがあります。

ドラゴンヘッドは、過去生の宿題やテーマを表します。ですので、ここから半年以内に、過去生からのご縁とつながるような出来事があるかもしれません。

ドラゴンヘッドの示す今世の課題に取り組むことは、今の自分を輝かせるためには必ず必要になってきます。

ここから半年間の宇宙からのメッセージを見逃さないでくださいね!

新月に水星(逆行中)が0°+海王星90°+土星(逆行中)が120°

新月は6ハウスの双子座で起きます。

現在、水星が逆行していてドラゴンヘッドもいますので、双子座のパワーはとても大きくなっています。この新月は、とても大きなメッセージがあるように感じます。

逆行中の水星は新月と重なっています。そして、同じく逆行中の土星からも、応援のエネルギーを受けています。

天体の逆行は、見直し、復習、復活。

6ハウスなので、習慣の見直しが迫られそうです。この習慣には、生活習慣からくる健康面、毎日の仕事なども入ってきます。

双子座なので、コミュニケーションやSNSについて、また、仕事のやり方やツールなどについても見直すポイントが見つかりそうです。

土星が2ハウスということを考えると、体のメンテナンスや、収入源の見直しなどが強く考えられます。一番は、考え方そのものを見直すことが必要になってきます。

土星は水瓶座を進行しているので、今までの古い考え方ではなく、未来に通用する新しい考え方で仕事や健康について見直しをするようにサポートしてくれています。

ただし、海王星が3ハウスから横ヤリを入れてきているので、見直しは難航しそうな気配。

情報が多すぎて選べなかったり、地に足がついていない夢物語的な見直しプランにならないように、慎重に考える必要がありそうです。

ASC山羊座→MC天秤座の流れ

アセンダントからMCへの流れは、ホロスコープの全体の流れになります。

今回は、土の星座の山羊座から、風の星座の天秤座へ向かうので、まさにこの半年で土の時代から風の時代への切り替えを完了させようとする宇宙の意図を感じます。

山羊座の支配星である土星は、今回のホロスコープのキーになってきます。新月とトライン120°であることからも、その重要性が際立ちます。

ここからの半年で、社会的な枠組みの変革と、個人の習慣や仕事の改革が、一体となって行われていくことを告げています。

金星と天王星が60°

金星は7ハウスで蟹座を進行していて、天王星と協力的な配置です。

7ハウスなので、パートナーとの出会いが期待できそうです。

実は身近なところにパートナーがいた!なんてことがありそう!!

MCが天秤座なので、金星は恋愛の意味だけでなくお金の意味も強いと思います。

ですので、このタイミングで出会ったパートナーは、仕事とプライベートの両方で支え合うことも考えられます。

このことからも、パートナーを探している方は、仕事をちゃんと頑張っていることが前提条件となります。

いつも一緒に仕事をしてた人が、突然パートナーになる!なんてことが起きる可能性がありますよ♪

宇宙からのメッセージ

前回の射手座満月から引き続き、2ハウスと6ハウスの意味が強い配置に感じます。

これは、仕事・健康に対してのメッセージが強いということです。

自分自身の体力・能力をもう一度見直し、生活習慣や、働き方・収入源を見直す必要が強まりそうです。

今回は日食なので、少なくとも半年は影響が続きます。

年末に向けて、自分の改革を進めてみてくださいね。

今回は以上になります
ありがとうございました❤︎

スポンサーリンク