全てがスムーズに♪10天体順行期間がスタート

こんにちは。マリーです。
今回は、10天体順行期間についてです。
【マリーはこんな人】
・『生きてない人』が見えてた幼少期
・『霊感少女』と噂されてた小学生時代
・『霊的カン』は大人になっても強め
スポンサーリンク

10天体順行ってなに?

西洋占星術では、太陽系の10個の天体(星)の配置によって、その星から受けるエネルギーが、地球や国家・人にどう影響するかを見ています。

太陽系の10個の星とは、地球・月・太陽・水星・金星・火星・木星・土星・天王星・海王星・冥王星を指します。太陽系では、これらの星がそれぞれのスピードで太陽の周りを回っています。

西洋占星術では、この星の動きが『逆行』していると表現することがあります。もちろん、実際に逆行しているわけではありません。地球から見た時に『逆行しているように見える』ということです。

高速道路で追い越しをした時に、抜き去った車が後ろに後退しているように見えるかと思います。これと同じことが宇宙でも起こっていると考えてください。

実は、1年を通して何かの星が逆行していることがほとんどです。なので、10天体が全て前を向いて進んでいるというのは、とてもスペシャルな期間ということなんですね。

全ての星が、予定通り前に進んでいるので、それぞれの星のパワーが滞りなく降り注いでいるということになります。

2021年の順行期間はいつなの?

2021年の順行期間は2回に分かれています。

①2021年1月15日〜30日(15日間)
②2021年2月22日〜4月27日(64日間)

①は約2週間しかありませんでしたので、実質的な本番は②と考えられます。そして②の期間は64日間もあります!

これだけ期間が長いと、その間に新月や満月も何度も起こりますが、何と言っても『宇宙元旦(3月20日)』が含まれるのは、宇宙からのプレゼントと考えても良いかもしれません♪

西洋占星術では、春分の日から1年が始まると考えられています。太陽が牡羊座に入った日です。宇宙的な意味で一年の始まりなので、宇宙元旦と表現されています。

1年の始まりですから、1年の抱負を語ったり、何かを始めたりするのにはぴったりですよね!折しも、昨年12月に風の時代にシフトしたわけですから、最初の宇宙元旦が順行期間にスタートできるとなれば本当に良い一年になりそうですよね。

この期間になにをしたら良いの??

最後に、具体的になにをしたら良いのか、についてお話します。

先にもお話ししたように、宇宙元旦を含むこの順行期間では、なにかをスタートさせるのにぴったりの期間です。今まで準備していた方も、これから考える方も、以下の行動にチャレンジしてみてください。

・この期間に新しいことをスタートさせる

今までなにか準備してきた方は、このタイミングで世間にリリースすることを考えましょう♪風の時代ですから、SNSを使った方が良さそうです。インターネットの環境を整えるのを忘れずに。

・今まで滞ってたことを仕切り直す

思うように進まなくて諦めてしまったことはありませんか?今期間は再スタートするにも良い期間です。

・やりたいことを見つける

宇宙元旦は3月20日です。それまでに、やりたいことを見つけるのも良い時期です。すぐに思い当たらなくても、じっくり探していきましょう。現状の不満や子供の頃に好きだったこともヒントになると思います。諦めずに探してみましょう。

・断捨離する

自分の周りが雑然としていると、気が散ってしまいますよね。物にも波動があるので、波動が淀んでいると思考にも影響します。目に入るものはできるだけ少なくしましょう。2月27日は乙女座で満月、3月13日は魚座で新月です。乙女座は断捨離、魚座は浄化が上手な星座なので、この時期の大掃除は効果大!ぜひ取り組んでみてください。

今回は以上です。

スポンサーリンク